カテゴリー「二代目 南雲海人ことパンク五十嵐」の記事

2019年11月21日 (木)

上海

南京から上海までは高速鉄道で1時間40分ほど。日帰りでも気軽に行ける距離だ。
初めて上海に降り立ったのは1997年である。海南島に行くときに経由で立ち寄った。
当時、上海の高層ビルは「東方明珠電視塔(テレビ塔)」だけだった。
Img_7680_20191121013501
(球体のあるビルが「テレビ塔」)
次に上海に降り立ったのは99年頃だったと記憶している。
初代 南雲海人と北京と上海を周った。
北京の天安門広場では天安門をバックに中指をおったてて記念撮影をした。今の時代であれば処罰される可能性がある。
(写真は初代 南雲海人)
F4c6d49eba3f4d88b764e467b2ea8cd7
上海では日本人美術商M氏と合流しどんちゃん騒ぎをした。
そのM氏はモデル出身の超男前。彼は上海のカラオケスナックで吉川晃司のモニカを本家に負けず劣らずのダンスで歌い上げたのだった。
オレはPnuk曲で対抗した。以来オレはM氏をライバルと呼び彼もそれを快く受け入れてくれた。
2008年の北京五輪の時期には3ヶ月程暮らしたこともある。その後も数年に一度のペースで訪れてきた。上海とも何かと縁が深い。

現在の上海は繁華街の南京東路や疎開エリアの外滩などは洗練された都会である。
Img_7661
Img_7664
一昔前の南京東路には偽物ブランド店やボッタくりバーのポン引きたちがそこら中にいたが、今では完全に姿を消した。
全て、監視カメラとこのパトロールロボットのおかげだろう。
Img_7726
しかし、上海も一歩路地に入れば90年代後半と変わらない昔の町並みや風景もしっかりと残っている。
Img_7696
Img_7694
Img_5209
近代的な大都会とレトロなローカルのギャップが上海の楽しみの一つなんだそうだ。
が、上海にはPunkがないし、Punkもいない。
だから若い連中はどいつもこいつも同じようなファッション髪型で町を歩いている。
今ではめっきり数が減ってしまったが東南アジアにも欧州にも都市には必ずPunkがいたし、Punkの痕跡があるものだ。
Img_0190
Img_4326
Punkがなければ上海はただの退屈な街でしかない。
いいかい、オレにとっては人付き合いも街との相性も全てがPunk基準で決まるてことさ。

|

2019年11月 2日 (土)

南京生活都很顺利

Img_7708222
南京にやって来て、約2か月が過ぎた。この街でも反日感情等で特に嫌な思いをすることもない。

これが南京虐殺記念館だ。
Img_7868
先日、約20年振りに再訪した南京虐殺記念館についてはPunkな目線で後日改めてリポートしたい。

さて、今勤めている大学だが、中国では国内屈指の名門大学である。
国の定める国家重点大学にも指定されている。が、学生たちは特別頭が切れるとか、驚くほど頭がいいというわけではない。
どちらかといえば、努力家タイプの学生が多い。
中国名門大学の学生というのは天才が揃っているというよりは人並外れた努力家が揃っているようなところなのかもしれない。
そこがこれまで勤めてきた大学の学生たちと大きく異なる部分である。
言ってみれば南京の学生たちは模範学生だ。オレもキャンパス内では模範教師として彼らに接することにしている。
Img_5870
模範教師を装うのも疲れるが笑顔での挨拶と目上を敬う精神はそれを忘れさせてくれる。
毎年、20名前後の3年生たちが日本に留学している。彼らの礼儀正しさには日本人の若者も見習うべきところも多いに違いない。

この南京生活だが、そろそろマンネリ化してきた。
オレはPunkだから決して順調な生活を求めているわけではない。
近場の上海へも何度か訪れているが、そこは中国。Punkの刺激を満たしてくれるような町ではない。
Img_7680
同じ都会でもアナーキーな香港の方がオレには居心地がよかった。とはいえ、今学期も残り2か月を切った。
中国の大学は長期休暇があるから、ありがたい。残りの2カ月はPunkに戻るまでの準備期間でもある。
ビールでも飲みながら、たっぷり充電しておくことにするさ。

|

2019年9月28日 (土)

建国70周年

Img_5140 国慶節(建国記念週間)で連休になる。

南京のオンライン旅行サイトによると、今年の国外旅行先一位は日本だそうだ。

我が大学の中国人教員たちも家族で日本に旅行に行くとのこと。日本では反日のイメージが強い南京だが、思いの外そうでもない。

町中には日本のコンビニ「ローソン」があり現地人向けの日本料理屋もそこら中にある。

Img_4977

北京の天安門では建国70周年とあって大規模な式典、軍事パレードが行われるそうだ。今日は安倍首相の祝辞がテレビでも新聞でも大々的に報道されていた。祝辞の動画も中国のSNSでも拡散され、評判は良かったようだ。

Img_5157

一方、中国キョウサントウにとって都合の悪いニュース、香港騒乱(大陸ではそう報じている)の方は、9月4日を最後に全く報じられていない。

インターネットの通信規制の方も例年に比べ厳しさを増している。普段使っているVPN回線は、中国工業信息化部(情報ネットワークセキュリティ部)により遮断された。

しかし、先日、訪れた南京裏サウナは「国慶節中も通常営業します」とオーナーが囁いた。この裏サウナは公安当局による摘発があるため店名などの詳細は控えるが、90分/500元(7500円)で裏サービスが楽しめる。

Img_4972

さて、この国慶節休みの期間中はバンコクかウラジオストクにでも散歩に出かけたいところだが、中国居留証申請手続き中でパスポートが手元にない為中国で過ごさなければならない。

南京には老街(ラオガイ)と呼ばれるブンカクの時代ににタイムスリップしたような裏路地も数多く残っている。

Img_4934 Img_5139

また、南京は上海から近い。高速鉄道に乗って片道1時間半ほどで行ける。P連休中はビール片手に上海散策と南京老街散策を楽しむことにするさ。

|

2019年9月17日 (火)

我来了南京

南京には成り行きで赴任することになった。
Img_0447
南京だが洛陽、西安、北京に並ぶ四大古都として知られている。町中には歴史的建造物も数多く残っていた。
Img_4723Img_4713
オレはPUNKだから歴史や過去にはさほど興味はない。PUNKにとって大切なのは「今」だからだ。
とはいえ、奇抜な高層ビルが立ち並ぶ深圳や下品なネオンの多い大連よりは南京の町並みは中国的風情があっていいもんだ。
Img_4726
Img_4668
さて、南京といえば、南京大虐殺事件である。近々、南京大虐殺記念館も訪れるつもりだ。
中国で暮らしている以上、中国の歴史教育も知っておきたい。
中国人民がどのような歴史教育を受けているのかよく知らないが、南京の人たちは日本人に対して思いの外、優しかった。
南京到着初日の晩に泊まった安ホテルのオーナーからはチェックアウト後にこのようなお礼があった。
「今朝は挨拶できなくてごめん。泊ってくれてありがとう」
また、マンションの警備員は、オレの顔を見るときまって「あ、ホンダさん!二~ハオ!」と笑顔で深々、お辞儀をしてくる。
バイクのホンダなのか、サッカーのホンダなのか、いずれにせよオレの名前がいつの間にか「ホンダ」にされていた。
また、オレが日本人であることに気付きながら、あえて触れずに気を遣ってくれる人もいる。
広州や親日として知られる大連よりも「南京大虐殺」で知られる南京の人の方がずっと接しやすい。
 先日は、散策中にスペシャルサービスが楽しめるサウナも発見。
中国建国記念日のような大きなイベントが近づくと一時休業するものだが、ここでは堂々と営業をしているぜ。

大学提供の無料マンションは寝室も広くて没問題。
Img_4822
飯は南京小籠包が安くてウマい。
Img_4703
南京小籠包は10元(150円)である。しかし、まともに食えるのは小籠包だけだ。
それ以外の飯は、さほどウマくないのが玉に瑕。
「鴨血粉丝汤(アヒルの血を固めたものと春雨入りのスープ」が名物料理と言われているようなところだからな。とりあえず、この南京で1年は楽しむことにするさ。

|

2019年8月13日 (火)

我已经充满电了。

この夏はウクライナとタイで1カ月ほど過ごした。これでPunkの充電は完了し、いつでも模範教師に戻れる準備ができたというわけさ。
(写真はオレの模範教師生活を撮影したものだ)

Img20190813_02191923
ウクライナはこの夏で3度目の訪問である。

4-1
(写真はリヴィウ)
ウクライナの物価は年々元に戻りつつあるが、それでもまだまだ安い。
昼食はстоловая(バイキング式大衆食堂)で100UAH(430円)。

2_20190813031101
キエフとリヴィウを結ぶ高速鉄道は300UAH(1300円)。アパートメントは500UAH(2000円)/1日ほどで借りられる。町中は穏やかで、親切な人も多い。

4-2
もちろん、キエフではウクライナギャルとも遊べる。ただし、店舗を構えているエロマッサージ屋には本番がない。また、Dollyという有名エロマッサージ屋は20197月現在で閉店していた。

そのDollyの近くに独立広場がある。

Img_6658
(独立広場)地下鉄の駅名は「Maidan Nezalezhnosti」。

Img_0091
Maidan Nezalezhnosti駅の写真側の出口を出て、独立広場方面(駅を背にして右方面)に歩くとポン引きに声を掛けられる。
(夏場と休日以外の季節、時間帯は未確認)声をかけられなかったら何度か往復してみるといいだろう。そのポン引きと知り合うと近くのアパートメントへ案内してくれる。アパートメントには若いギャルからおばちゃんまで、約5~6名いる。気に入った子がいなければ、別の部屋へ案内してくれる。もしくは、後で来ると伝えても問題はない。料金だが1500~2500UAH(8000~10000円)/1時間。年齢や見た目で料金は変わるとのことだが、2500UAH(1万円)が上限のようだ。独立広場アパートメントギャルなら、良心的な料金設定はもちろん実際に女の子と会って、話してから選べるというメリットもある。
(エスコートサービスもあるが、エスコート料金1時間250ドルからである)

1つ注意点がある。顔から振る舞いまでエロ丸出しで遊びに行ってはだめだぜ。汚い格好もNGだ。独立広場アパートメントですれ違った中華オヤジは女の子から拒否をされ文句を言っていた。オヤジの態度もよくなかったのだろう。こちらが選べるということは、ギャルも我々を拒否できる権利があるということだ。

ウクライナで過ごしたあとタイに移動。北タイの山間部と南部都市ハジャイ、そしてクアラルンプールを散歩。

Img_3640_20190813034301

Mesaronn

(北タイのメーサロンという町)

Img_3885

ハジャイでは初代とも合流して呑んだくれた。

さて、来月は大連を離れ中国の南京市に移動する。南京も90年代末に一度訪れているが、初めてみたいなもんだ。南京では模範教師生活を存分に楽しむことにするさ。

 

 

 

|

2019年6月29日 (土)

謝謝&再見、大連!

Img_3213

大連に来た目的は、祖父が戦時中に駐屯していた満州を見ること、中朝国境を散歩すること。そしてウラジオストクでロシアギャルや中国東北小姐と遊ぶことであった。

この写真はハルビンの731部隊跡地に保存されているボイラーだ。

Img_0995

731部隊の真実は定かではないが、日本軍(関東軍)が満州国を建国したことや柳条湖事件を起こした事は歴史的事実として残っている。731部隊に関しては、中国政府の捏造や誇張もあると思われるが、人民たちはその捏造や誇張も含めた教育を事実として受けている。当然、日本に対して好意的でない人も少なくないはずだ。しかし、東北地方の中国人たちは日本人のオレを温かく迎え接してくれた。そんな彼らには改めて感謝したい。

東北人は見栄っ張りだが、人情味と寛大さがある。それらは上海や中国南方地方では経験したことのない心地よさだった。ただ、痰を吐く習慣さえやめてもらえれば言うことはい。写真は出勤前に朝食を買っていた煎饼果子(クレープ)屋の阿姨(おばちゃん)。

Img_2869

「今日で来るのが最後だから」と告げると「今まで通ってくれてありがとう」そう言ってお代を受け取らなかった。中朝国境の散歩では、北朝鮮との川幅数メートルのところまで連れて行ってもらい、北朝鮮人民たちの生活を垣間見ることができた。

Img_1848

大連赴任中ロシアのウラジオストクには2度訪れた。

ウラジオストクには大連からハルビンか長春経由空路往復15000円ほどで行ける。ウラジオストクは暖かい季節よりも極寒の冬がいい。観光客が少ない冬はロシアギャルたちも暇を持て余しているからだ。今回は中国ロシア間を陸路で国境越えをしてみたかったのだが、これは再び中国東北部を訪れるまでの楽しみとして残しておく。

大連滞在は10か月。過去最短の滞在期間であったが目的を果たしたら新天地を求め旅を続けるのがオレのスタイルさ。いいかい、Punkの敵は怠慢だ。ダラダラ過ごしマンネリな暮らしはオレの性に合わない。常に刺激を求めて生きるのがPunkなんだ。

さて、来週からキエフに行く。ウクライナを起点に欧州散歩だ。そして東南アジア。夏と冬の年に2回。欧州と東南アジアで過ごすのがここ数年のオレのルーティンさ。

それじゃ、大連。謝謝、再見!また会おうぜ!

2b845d69cd2a0b2bd03ff2f36a6f4bf

Img_3067

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2019年6月 1日 (土)

学習強国

Img_2557

キョウサントウやシュウキンペイの思想を学ぶアプリだそうだ。我が大学でもこのアプリをダウンロードするようにと教員たちに(外国人を除く)お達しがあったらしい。ますます不気味な国へと突き進んでいる。

しかし、一般の人民たちは違う。写真のオッちゃんは電化製品以外なら全て修理してくれる、何でも屋だ。

Img_3727

これまでも何度かお世話になっており、今日は鞄のファスナー交換をお願いした。オッちゃんは頼んでいない部分までしっかり直してくれて代金は20元(320円)。彼は数年前まで日系の革製品工場に勤めたあと最近独立したとのこと。「日本の技術を学んで、それが今役に立っている」と言ってくれた。

我が大学には卒業後、日本の大学院に進学する学生や日本国内で就職する学生も少なくない。理系大学であるから日本国内の大学院進学や就職もしやすいのだそうだ。日系企業で働く中国人、中国人留学生と聞くと、「技術の奪略」「スパイ活動」と騒ぎ立てる連中もいるが、少なくともオレが知る人民たちには、それを目的として日本と関わろうとする人間はいない。彼らは、純粋に日本から様々なことを学びたいと思っているだけなんだ。

町中では、人民たちから「リーベン(中国語で「日本」という意味である)」という単語もよく耳にする。「リーベン」と聞くと、人民たちが日本のどんな話題について話しているのか、つい耳を傾けてしまう。それらは日本に対して好意的であることが殆どだ。

いいかい?確かにこの国の領土侵犯、シュウキョウ弾圧にはうんざりする。日本にも中国キョウサントウのスパイはいるだろう。だが、一般の人民は違うということだ。偏見を捨て、もう少し彼ら一般人民と友好的に接してもいいんじゃないか?権力、差別は敵だが、オレには人種も宗教も関係ない。それがPunkってもんさ。

さて、大連もようやくビールの季節になった。

Img_0575

こちらの青島啤酒(ビール)は6缶で29元(450円)。大連生活も残り1カ月になった。啤酒&下半身生活を存分に楽しむことにするぜ。

ところで、初代南雲海人はバンコクに戻りムエタイジムに通い始めたらしい。腰痛も改善して体調もいいらしい、が、いいかい、初代!いくら年齢はただの数字に過ぎないといっても、若い頃のような無茶はいけないぜ。また、どこかで落ち合って「それなりに」暴れようぜ。

|

2019年5月24日 (金)

马上就要离开大连了(残り1カ月ほどで大連を離れることになった)

大連は日本人からも割合住みやすいところだと言われている。日本食店が多く、日本語人材の層も厚い。地下鉄では日本語による車内放送もあるほどだ。大連市内を走るトラムは、日本の戦前の車両も現役で使われているらしい。

Toramu

また、大連は海鮮が豊富で、日本と同じようなものが簡単に手に入る。

Uni

こちらの「雲丹」は4つで40元(600円)ほどであった。

大阪で修業をしたというたこ焼き屋は9個入りで10元(150円)。

Takoyaki

さんざん通った小籠包屋もビールのお供に最高だった。

Syouronnpou

ビールと小籠包で20元(300円)である。何より、大連は、下半身規制の厳しい広東に比べ「裏サウナ」が比較的オープンだったのも世界の下半身旅を続けるオレにはありがたかった。しかし、残念なことも多い。まず、下品な音を鳴らし、道端に勢いよく痰を吐く輩を毎日何度も目にする。若い女でも痰を吐く姿を見たこともあるし、手鼻をかむオッサンも多い。

更に喫煙者のマナーの悪さにもがっかりさせられる。建物内でもタバコをプカプカ吸うヤツらが多くそこら中がヤニ臭い。喫煙をオッサンから若い連中までカッコいいことだと勘違いしているようだ。

広東よりも根はいいヤツが多いが、連中の下品な行動にはうんざりさせられる。Punkの敵といえば、これまで権力、差別、暴力であったが、この下品な行動も立派な敵になりそうだ。それが大連を去ることを決めた大きな要因だ。

 さて、先日は用事があって河南省の鄭州という町まで散歩に行ってきた。iphone製造工場の都市としてもよく知られていた町である。また、近年はシルクロードの起点都市ということから「一帯一路」構想で注目されているそうだ。

Iltutai

とはいえ、沿岸部に比べればはるかに遅れ貧富の差が激しい。飯も不味く、内陸都市の為、町全体が埃っぽい。

鄭州市のシンボルもこれだそうだ。

Photo_19

更に、当局による監視が厳しいため、詳細は控えるが、ムスリムが多く暮らす鄭州でも「シュウキョウ弾圧」「漢民族ドウカ政策」が進んでいた。

Musurimu

しかし、鄭州人民たちは、人懐こく好感が持てた。大連人よりも気取らず素朴な感じが心地いい。

ちなみに、こちらは鄭州で有名な連れ込み宿だそうだ。

Img_2221

部屋代60元(900円)、サービス料金200元(300/1時間)から遊べるとのこと。しかし、女性たちは厚化粧のおばちゃんしかいないから要注意である。保証できるのは人懐こさとベテランのテクニックだけだろう。やはり、都市部で下半身遊びをするなら、広東、上海>大連>内陸になる。

いいかい、下半身を調査すれば、その町の経済、発展状況もよく知ることができるというわけさ。

ところで初代南雲海人は台湾の高雄に47年ぶりに訪ねたそうだ。オレも高雄に住んだことがある。高雄では人間関係で嫌なことは一度もなかった。物価も台北に比べ安く住みやすい。初代のことだ、いろんな人たちとの出逢いを楽しんでいるに違いない。

 

 

 

|

2019年4月21日 (日)

丹東

大連から高速鉄道で2時間ほど。丹東という中朝国境の町がある。
丹東駅に着くと、巨大毛沢東像が出迎えてくれた。

Img_1815

駅から徒歩数分圏内には朝鮮族の暮らすストリートや中朝国境を流れる鴨緑江という川がある。

Img_1820

(朝鮮族ストリート)

Img_1827

向こう岸は北朝鮮の新義州市という町だそうだ。
両国を結ぶ橋には、トラックや観光バスも行き来している。

Img_1833

丹東郊外には万里の長城の東端部分の「虎山長城」という遺構がある。

Photo_15

中国人観光客が多数訪れていた。明の時代に造られたものらしいが、地元民曰く、それらの殆どは十数年前に建てられたつくりものなんだそうだ。

ここ数年、丹東では日本人も含む数名の外国人がスパイ容疑で拘束され実刑も喰らっている。
今年の初めに丹東で拘束されたカナダ人は死刑判決を受けた(覚醒剤密輸の疑いもあった)。
しかし、訪れてみればごく普通の観光地だった。
中国人民たちが、北朝鮮をバックに記念撮影をしていたので、オレも観光客らしいことをしてみることにした。

Img_1836

丹東と聞くと日本では物騒なニュースも多いが目立った行動でもしなければ無問題だろう。
「経済発展著しい丹東に比べて、対岸の北朝鮮は…経済発展もなく寂れた様子だ」
こんな記事や話を聞いたりした。ところが、実際に丹東の町を散策してみると中国側も十分に寂れていた。
平日の晴れた昼間だというのに地元民が全く歩いていない。中国でも大人気のStarbucksもガラガラだった。

さて、中国に戻り1カ月半が過ぎた。模範市民として仮面生活してきた疲れがたまった。
そこで、ウラジオストクを再訪することにした。ロシアも中国も同じドクサイ国家だがロシアの方はまだPunkに寛容な国でもある。
前回のウラジオストックでは全くロシア語が話せず散々だったが、今回はロシア語を少し学んで訪れることにした。
なぜ、ロシア語を勉強してるのかって?オレは世界の下半身を股にかける旅人でもあるからさ。

それじゃ、希望大家也过好的休息日(みんなも良い連休を)!

|

2019年4月 7日 (日)

我回到中国了(中国に戻ってきた)

このようなプロパガンダ看板を目にすると、中国に戻ってきたことを実感させられる。

Img_0493

先日、学内で中国語によるスピーチ大会があった。そのスピーチ大会で、ある女子学生が「愛国心」「強い祖国」を繰り返し使っていた。別の学生は、昨年のファーウェイCFO逮捕ニュースを受け「なあ、みんな、カナダはアメリカの犬だよな?」と自信のSNSに投稿していた。また、スマホの待ち受け画面をシューキンペイにしている学生もいる。色々な否定的な中国をささやかれているがキョウサントウによるイットウドクサイ体制はまだまだ安泰であると言えるのではないだろうか。

さて、先週は腸炎になってしまい、1週間ほど寝込むことになった。中国の病院は郊外にあって行くまでが面倒なのだが、今回は2日休んでも改善されないので、病院へ行くことにした。
病院は今にも潰れそうな超オンボロ国立病院で、受付とナースの態度は最悪だ。しかし、診察室に入ると、休憩中の医者はカーテンを閉め、お菓子をこっそりつまみ食いしていた。医者だけは陽気で親切なオヤジであった
「二~ハオ、二~ハオ」医者はばつが悪そうに笑いながら出てきた。

Img_1878

医者はオレが日本人だとわかると翻訳アプリを使って熱心に説明をしてくれた。
この薬を飲んで、もう2~3日様子を見てくれとのこと。

Img_1881 Img_1881

体調はかなりましになったがギャルと遊ぶ気にはまだなれない。脂っこい中華料理も体が受け付けない。
しかし、この腸炎で体重が3.5キロ落ちた。日本滞在で太った分が落ちた。ある意味ダイエットにはなったというわけだ。
転んでもただでは起きない精神。Punkは何事にも前向きなのさ。

ところで、初代もインドで風邪をこじらせたらしい。微熱と鼻水が続き辛かったそうだ。
それでも日本の隠遁地に戻りゴルフを楽しんでいる。人生を楽しむには、健康体でなければならない。
もっとも健康体だけでPunk精神が錆びついたら、そいつは生きる屍だ。
いいかい、人生は行動さ。そいつができなくなったときくたばるだけさ(^^)。

 

 

 

 

 

|

より以前の記事一覧