カテゴリー「二代目 南雲海人ことパンク五十嵐」の記事

2019年4月21日 (日)

丹東

大連から高速鉄道で2時間ほど。丹東という中朝国境の町がある。
丹東駅に着くと、巨大毛沢東像が出迎えてくれた。

Img_1815

駅から徒歩数分圏内には朝鮮族の暮らすストリートや中朝国境を流れる鴨緑江という川がある。

Img_1820

(朝鮮族ストリート)

Img_1827

向こう岸は北朝鮮の新義州市という町だそうだ。
両国を結ぶ橋には、トラックや観光バスも行き来している。

Img_1833

丹東郊外には万里の長城の東端部分の「虎山長城」という遺構がある。

Photo_15

中国人観光客が多数訪れていた。明の時代に造られたものらしいが、地元民曰く、それらの殆どは十数年前に建てられたつくりものなんだそうだ。

ここ数年、丹東では日本人も含む数名の外国人がスパイ容疑で拘束され実刑も喰らっている。
今年の初めに丹東で拘束されたカナダ人は死刑判決を受けた(覚醒剤密輸の疑いもあった)。
しかし、訪れてみればごく普通の観光地だった。
中国人民たちが、北朝鮮をバックに記念撮影をしていたので、オレも観光客らしいことをしてみることにした。

Img_1836

丹東と聞くと日本では物騒なニュースも多いが目立った行動でもしなければ無問題だろう。
「経済発展著しい丹東に比べて、対岸の北朝鮮は…経済発展もなく寂れた様子だ」
こんな記事や話を聞いたりした。ところが、実際に丹東の町を散策してみると中国側も十分に寂れていた。
平日の晴れた昼間だというのに地元民が全く歩いていない。中国でも大人気のStarbucksもガラガラだった。

さて、中国に戻り1カ月半が過ぎた。模範市民として仮面生活してきた疲れがたまった。
そこで、ウラジオストクを再訪することにした。ロシアも中国も同じドクサイ国家だがロシアの方はまだPunkに寛容な国でもある。
前回のウラジオストックでは全くロシア語が話せず散々だったが、今回はロシア語を少し学んで訪れることにした。
なぜ、ロシア語を勉強してるのかって?オレは世界の下半身を股にかける旅人でもあるからさ。

それじゃ、希望大家也过好的休息日(みんなも良い連休を)!

|

2019年4月 7日 (日)

我回到中国了(中国に戻ってきた)

このようなプロパガンダ看板を目にすると、中国に戻ってきたことを実感させられる。

Img_0493

先日、学内で中国語によるスピーチ大会があった。そのスピーチ大会で、ある女子学生が「愛国心」「強い祖国」を繰り返し使っていた。別の学生は、昨年のファーウェイCFO逮捕ニュースを受け「なあ、みんな、カナダはアメリカの犬だよな?」と自信のSNSに投稿していた。また、スマホの待ち受け画面をシューキンペイにしている学生もいる。色々な否定的な中国をささやかれているがキョウサントウによるイットウドクサイ体制はまだまだ安泰であると言えるのではないだろうか。

さて、先週は腸炎になってしまい、1週間ほど寝込むことになった。中国の病院は郊外にあって行くまでが面倒なのだが、今回は2日休んでも改善されないので、病院へ行くことにした。
病院は今にも潰れそうな超オンボロ国立病院で、受付とナースの態度は最悪だ。しかし、診察室に入ると、休憩中の医者はカーテンを閉め、お菓子をこっそりつまみ食いしていた。医者だけは陽気で親切なオヤジであった
「二~ハオ、二~ハオ」医者はばつが悪そうに笑いながら出てきた。

Img_1878

医者はオレが日本人だとわかると翻訳アプリを使って熱心に説明をしてくれた。
この薬を飲んで、もう2~3日様子を見てくれとのこと。

Img_1881 Img_1881

体調はかなりましになったがギャルと遊ぶ気にはまだなれない。脂っこい中華料理も体が受け付けない。
しかし、この腸炎で体重が3.5キロ落ちた。日本滞在で太った分が落ちた。ある意味ダイエットにはなったというわけだ。
転んでもただでは起きない精神。Punkは何事にも前向きなのさ。

ところで、初代もインドで風邪をこじらせたらしい。微熱と鼻水が続き辛かったそうだ。
それでも日本の隠遁地に戻りゴルフを楽しんでいる。人生を楽しむには、健康体でなければならない。
もっとも健康体だけでPunk精神が錆びついたら、そいつは生きる屍だ。
いいかい、人生は行動さ。そいつができなくなったときくたばるだけさ(^^)。

 

 

 

 

 

|

2019年2月23日 (土)

我回到日本了(日本に帰国)

この冬は東南アジア、極東ロシア、中欧で過ごした。
Img_4251
(チェコプラハ旧市街の町並み)

続きを読む "我回到日本了(日本に帰国)"

|

2019年1月30日 (水)

我在哈尔滨

中国はハルビンに来た。
Img_1005

続きを読む "我在哈尔滨"

|

新年快楽!

1月は中国大連から、雲南省、ラオス、タイへと南下し、バンコクで新年会だった。
Img_1295
出発する直前まで初代たちと深夜食堂で飲んだくれていた。

続きを読む "新年快楽!"

|

2018年12月29日 (土)

大連的冬天太冷了(大連の冬は寒すぎるぜ)

大連の冬は南国生活を続けてきたオレには耐えられない寒さだ。
Ooo


続きを読む "大連的冬天太冷了(大連の冬は寒すぎるぜ)"

|

2018年12月 8日 (土)

冬天来了(冬がやってきた)

今日の大連は、最高-4℃、最低-10℃だった。
Img_0753_3

続きを読む "冬天来了(冬がやってきた)"

|

2018年11月17日 (土)

天气渐渐变冷了(寒くなってきたぜ)

現在、大連の気温は‐1℃である。
Img_0678

続きを読む "天气渐渐变冷了(寒くなってきたぜ)"

|

2018年11月 8日 (木)

食在四川飯店(食は四川料理屋に在り)

「四川飯店」は1996年に過ごした海南島でも世話になった。
Img_0521

続きを読む "食在四川飯店(食は四川料理屋に在り)"

|

2018年10月 3日 (水)

国慶節

国慶節とは毎年10月1日に祝う中国の建国記念日である。
国慶節期間中は1週間から10日間程の大型連休で住宅街は閑散としている。
Img_0514

続きを読む "国慶節"

|

より以前の記事一覧