« 上海 | トップページ | scheme »

2019年11月27日 (水)

Smell

Photo_16

映像や動画から伝わらないないものに(匂い)がある。

現役時代、取材は現場主義であったし、電話取材などで語られる話はほぼ信用しなかった。対面して初めてその人物が醸し出している「匂い」を嗅いだ。(当たり前だが実際にクンクン嗅ぐわけでない)その人の雰囲気というようなもので、人相もその中の重要な位置を占める。(人相鑑定や人相見があるのはこのせいであろう。
さて「わがウンコに匂いなし」なる日本人をバンコクでよく見かける。彼らは全て還暦を過ぎたおっさんである。過日、猫屋敷と渾名したローカル食堂で2人のおっさんが大声で売春婦の話をしていた。内容は孫みたいな女の肌からセックス値段自慢、オレの方が安く買えた、お前、それぼられてるぜ、ネットで調べてちぇっくしないとさあ、などであったり、ED薬の効果比較であったり、また、貢いだタイ女に男がいたとか、キモい内容とトンマなオチがついていた。
連中は、わがウンコに匂いなしもの同士のクソ仲間なので臭い匂いを外に撒き散らしている。連中の話す口元はだらしなく、それでいて自意識だけは過剰で自らの服装に気を配ったりしている。そのセンスはクソ仲間だからかほぼ同じような短パンとスリッポンとウエストポーチ。おっさんどもはクソ仲間以外からは嫌われて避けられているようで日本に居場所がなく、いわゆるタイで「外ごもり」しているようだった。
わがウンコに匂いなしおっさんがポツンと佇んでいると、その姿は巨大な糞に見えるようになった。バンコクには黄色い巨大なウンコがソープ街や繁華街に売春街にべっとりとくっついている^_^おっさんどもにカネがなければただの糞という認識は全くない。バンコクはいいところだ、糞おっさんどもがいなければ、もっといいところだ^_^ともあれバンコクはそのような糞おっさんばかりではない。

 

ムエタイジムに来る人たちは実に爽やかで、挨拶を交わし練習に励む。メンバーは世界各国からやって来る。家族連れもいれば夫婦に恋人同士もいる。ムエタイという同じ目的を持つもの同士だからすぐに打ち解ける。そんな仲間たちとムエタイの試合観戦したり、食事に行ったりする。タイ人メンバーに射撃の名手もいれば英会話教師にテレビキャスター。モデルに元キャビンクルーもいる。中にはダイエット目的で来ているのだが、話題はこの前韓国で焼肉いっぱい食べた事だったりする^_^
ムエタイも来年1月で2年目になる。最初に教わったのはjitti だった。彼は元チャンプで現在はムエタイ業界の重鎮だそうだ。その彼が最近またぞろミットを持ってくれている。ミット打ちは4R。長い時は1R5分以上になるので、彼に提案した。タイ音楽一曲を1Rにして欲しい。彼の選曲センスがタイ民謡でノリがいい。ムエタイのリズムに合うのだ。
ムエタイだが勝負を競うわけだが、そこはタイの国技、判定になるとキックなどの美しさもポイントされるのである。だから、タイ選手と対戦した外国選手が判定になると、ホームであるばかりでなくタイ選手の美しさが評価されタイ選手の判定勝ちになるケースが多く見られるのである。
さて、ジムには月曜から土曜まで通っている。月謝は4500バーツ。日本より高い。だから^_^最低でも20日通わないと元が取れない^_^練習は朝9時過ぎから11時まで。11時になるとコンビニでアルコール販売が解禁されるからである。タイは建前上酒類販売は11ー2と17からになっている。レストランやコンビニはこの規則を守っているが、中国人経営の食堂ではお構いなし。また、行きつけの食度でもビールをヤカン入れ替えてくれる^_^ヤカンのビールもムエタイで発汗した後は美味い😋
ジムでの汗、酒の香り、そして仲間たち、バンコクにいて気持ちよく過ごせるのはそれらのおかげである。もし、どこかで「わがウンコに匂いなしおっさんども」と何かあれば前蹴り一発で撃沈してやれるし、接近してきた場合は肘打ちで顎を砕く。逃げる糞おっさんにはジャンピング膝蹴りjitti 仕込みで悶絶^_^
いつか、わがムエタイに敵なし、と思えるようになりたいものであります^_^。

|

« 上海 | トップページ | scheme »

初代 南雲海人」カテゴリの記事