« 南京生活都很顺利 | トップページ | 上海 »

2019年11月15日 (金)

Changing

Photo_20191126181401
英語で森羅万象は「all things in nature」と書くそうだ。

英語では(全てのものは「自然」に中に存在する)となるが、キリスト教では主が森羅万象を創ったと森羅万象を用いている。仏教だと「宇宙全ての現象となる仏」となり、密教では本尊とされあまねく照らす偉大な仏「大日如来」である。おいらはこの解釈が好きだ。
高野山にはこの大日如来が祀られている。これは宇宙、究極の真理の根源を意味する仏という意味だ。空海によると、究極の真理から現象世界へには智の法身というのがあって、それでもって宇宙の真理を深く認識する。それらは修行によって「大日如来の世界」と融合をめざす。つまりは空海が実践した「即身成仏」が究極の悟りの(かたち)なのかも知れない。
さて、話をタイトルの「変わりゆく」に戻す。
20eb753875cd4b05aa61d5ded5c5898a
(写真は2018 9月足親指亀裂骨折した時のもの^_^)
何度も書くが人生はwhat will happen tomorrow である。現在から過去を振り返ると、なんで、今ここにいるのか、どうしてこのような所にいる事になったのだろう、そう自問できるし、ある程度納得出来る答えを出せる。しかし、未来についてはあくまでも計画や希望である。その計画も希望も叶うとは限らない。しかも物事は、森羅万象、突然起きる。これらは出会い頭の事故のようなもので防御不能だ。だから戸惑い狼狽る。これには二面性があって、楽しい戸惑いも狼狽もある、また、うんざりする戸惑いもあるわけで、人生は思うようにはなかなかいかない^_^。この先も人生、思い通りにいくわけはないと思うのだが、思い通り、という「目的」すらないのではないか。そこで、前述の仏教書などをかじり読むわけだ。だからといって、究極の真理を認識できるわけもなく、せいぜいがLSDをキメて密教アートに驚愕する程度である^_^。
最近は、森羅万象、何事にも興味がなくなり、隣は何をする人ぞ、といった風情である。希望があるとすれば、出来ればもう一度チベットで上質なLSDを服用してみたい^_^。まあ、その日に備えて日々ムエタイで鍛えていると言えなくもないが。それもこれも突然changingするのであろう。わが気分も何もかもこの先どうなるのはさっぱり分からない。だから、おもしろい、のかも、わからない。困ったものだ^_^。

|

« 南京生活都很顺利 | トップページ | 上海 »

初代 南雲海人」カテゴリの記事