« Back in the BKK | トップページ | Changing »

2019年6月 1日 (土)

学習強国

Img_2557

キョウサントウやシュウキンペイの思想を学ぶアプリだそうだ。我が大学でもこのアプリをダウンロードするようにと教員たちに(外国人を除く)お達しがあったらしい。ますます不気味な国へと突き進んでいる。

しかし、一般の人民たちは違う。写真のオッちゃんは電化製品以外なら全て修理してくれる、何でも屋だ。

Img_3727

これまでも何度かお世話になっており、今日は鞄のファスナー交換をお願いした。オッちゃんは頼んでいない部分までしっかり直してくれて代金は20元(320円)。彼は数年前まで日系の革製品工場に勤めたあと最近独立したとのこと。「日本の技術を学んで、それが今役に立っている」と言ってくれた。

我が大学には卒業後、日本の大学院に進学する学生や日本国内で就職する学生も少なくない。理系大学であるから日本国内の大学院進学や就職もしやすいのだそうだ。日系企業で働く中国人、中国人留学生と聞くと、「技術の奪略」「スパイ活動」と騒ぎ立てる連中もいるが、少なくともオレが知る人民たちには、それを目的として日本と関わろうとする人間はいない。彼らは、純粋に日本から様々なことを学びたいと思っているだけなんだ。

町中では、人民たちから「リーベン(中国語で「日本」という意味である)」という単語もよく耳にする。「リーベン」と聞くと、人民たちが日本のどんな話題について話しているのか、つい耳を傾けてしまう。それらは日本に対して好意的であることが殆どだ。

いいかい?確かにこの国の領土侵犯、シュウキョウ弾圧にはうんざりする。日本にも中国キョウサントウのスパイはいるだろう。だが、一般の人民は違うということだ。偏見を捨て、もう少し彼ら一般人民と友好的に接してもいいんじゃないか?権力、差別は敵だが、オレには人種も宗教も関係ない。それがPunkってもんさ。

さて、大連もようやくビールの季節になった。

Img_0575

こちらの青島啤酒(ビール)は6缶で29元(450円)。大連生活も残り1カ月になった。啤酒&下半身生活を存分に楽しむことにするぜ。

ところで、初代南雲海人はバンコクに戻りムエタイジムに通い始めたらしい。腰痛も改善して体調もいいらしい、が、いいかい、初代!いくら年齢はただの数字に過ぎないといっても、若い頃のような無茶はいけないぜ。また、どこかで落ち合って「それなりに」暴れようぜ。

|

« Back in the BKK | トップページ | Changing »

二代目 南雲海人ことパンク五十嵐」カテゴリの記事