« Changing | トップページ | Muay Thai gym is international »

2019年6月29日 (土)

謝謝&再見、大連!

Img_3213

大連に来た目的は、祖父が戦時中に駐屯していた満州を見ること、中朝国境を散歩すること。そしてウラジオストクでロシアギャルや中国東北小姐と遊ぶことであった。

この写真はハルビンの731部隊跡地に保存されているボイラーだ。

Img_0995

731部隊の真実は定かではないが、日本軍(関東軍)が満州国を建国したことや柳条湖事件を起こした事は歴史的事実として残っている。731部隊に関しては、中国政府の捏造や誇張もあると思われるが、人民たちはその捏造や誇張も含めた教育を事実として受けている。当然、日本に対して好意的でない人も少なくないはずだ。しかし、東北地方の中国人たちは日本人のオレを温かく迎え接してくれた。そんな彼らには改めて感謝したい。

東北人は見栄っ張りだが、人情味と寛大さがある。それらは上海や中国南方地方では経験したことのない心地よさだった。ただ、痰を吐く習慣さえやめてもらえれば言うことはい。写真は出勤前に朝食を買っていた煎饼果子(クレープ)屋の阿姨(おばちゃん)。

Img_2869

「今日で来るのが最後だから」と告げると「今まで通ってくれてありがとう」そう言ってお代を受け取らなかった。中朝国境の散歩では、北朝鮮との川幅数メートルのところまで連れて行ってもらい、北朝鮮人民たちの生活を垣間見ることができた。

Img_1848

大連赴任中ロシアのウラジオストクには2度訪れた。

ウラジオストクには大連からハルビンか長春経由空路往復15000円ほどで行ける。ウラジオストクは暖かい季節よりも極寒の冬がいい。観光客が少ない冬はロシアギャルたちも暇を持て余しているからだ。今回は中国ロシア間を陸路で国境越えをしてみたかったのだが、これは再び中国東北部を訪れるまでの楽しみとして残しておく。

大連滞在は10か月。過去最短の滞在期間であったが目的を果たしたら新天地を求め旅を続けるのがオレのスタイルさ。いいかい、Punkの敵は怠慢だ。ダラダラ過ごしマンネリな暮らしはオレの性に合わない。常に刺激を求めて生きるのがPunkなんだ。

さて、来週からキエフに行く。ウクライナを起点に欧州散歩だ。そして東南アジア。夏と冬の年に2回。欧州と東南アジアで過ごすのがここ数年のオレのルーティンさ。

それじゃ、大連。謝謝、再見!また会おうぜ!

2b845d69cd2a0b2bd03ff2f36a6f4bf

Img_3067

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« Changing | トップページ | Muay Thai gym is international »

二代目 南雲海人ことパンク五十嵐」カテゴリの記事