« Her Name Is Sajin | トップページ | she make me real »

2019年4月 7日 (日)

我回到中国了(中国に戻ってきた)

このようなプロパガンダ看板を目にすると、中国に戻ってきたことを実感させられる。

Img_0493

先日、学内で中国語によるスピーチ大会があった。そのスピーチ大会で、ある女子学生が「愛国心」「強い祖国」を繰り返し使っていた。別の学生は、昨年のファーウェイCFO逮捕ニュースを受け「なあ、みんな、カナダはアメリカの犬だよな?」と自信のSNSに投稿していた。また、スマホの待ち受け画面をシューキンペイにしている学生もいる。色々な否定的な中国をささやかれているがキョウサントウによるイットウドクサイ体制はまだまだ安泰であると言えるのではないだろうか。

さて、先週は腸炎になってしまい、1週間ほど寝込むことになった。中国の病院は郊外にあって行くまでが面倒なのだが、今回は2日休んでも改善されないので、病院へ行くことにした。
病院は今にも潰れそうな超オンボロ国立病院で、受付とナースの態度は最悪だ。しかし、診察室に入ると、休憩中の医者はカーテンを閉め、お菓子をこっそりつまみ食いしていた。医者だけは陽気で親切なオヤジであった
「二~ハオ、二~ハオ」医者はばつが悪そうに笑いながら出てきた。

Img_1878

医者はオレが日本人だとわかると翻訳アプリを使って熱心に説明をしてくれた。
この薬を飲んで、もう2~3日様子を見てくれとのこと。

Img_1881 Img_1881

体調はかなりましになったがギャルと遊ぶ気にはまだなれない。脂っこい中華料理も体が受け付けない。
しかし、この腸炎で体重が3.5キロ落ちた。日本滞在で太った分が落ちた。ある意味ダイエットにはなったというわけだ。
転んでもただでは起きない精神。Punkは何事にも前向きなのさ。

ところで、初代もインドで風邪をこじらせたらしい。微熱と鼻水が続き辛かったそうだ。
それでも日本の隠遁地に戻りゴルフを楽しんでいる。人生を楽しむには、健康体でなければならない。
もっとも健康体だけでPunk精神が錆びついたら、そいつは生きる屍だ。
いいかい、人生は行動さ。そいつができなくなったときくたばるだけさ(^^)。

 

 

 

 

 

|

« Her Name Is Sajin | トップページ | she make me real »

二代目 南雲海人ことパンク五十嵐」カテゴリの記事