« intelligence | トップページ | Amazing Thailand »

2017年4月30日 (日)

Some Kind Wonderful

Photo
人は変化していく。
(写真はYachtライフを始める数年前.Pattayaのゴルフ場)

そのような当たり前ことを忘れて生きてきたようだ。今は自分では思いもしなかったところまで到達してしまったようで当惑している。「ここまで来ると」現在からは過去を多く語れるのだが少なくなったわが未来をどう「予想」してよいのか分からない。当惑とはそういうことだ。
Jjf
Yachtライフを始めようと思った「動機」はこのままここで(ものを書いて老いぼれるのが)「怖かった」からだ。ところが「ここまで来ると」何か新しい事を始める「動機」がなくなった。
(写真は2005初航海。 LangkawiーPhuket)
過日、中高時代のサッカー仲間とゴルフ談義をした時、同級生たちの多くが死去したニュースを聞かされた。サッカーをしていた頃、未来は限りなく広がり時間も無限にあると思われた。しかし「ここまで来ると」全ては有限であり人生にもタイムアップがあることを思い知らされるのである。
だからといって深刻でもなく、ある意味爽やかですらある。それは多分に季節のせいであるが「ここまで来ると」なにも考えずに過ごすのが「理想」だと納得したからでもある。
さて、第二次「巡礼の旅」はKL経由バンコクになった。
現地にはすでに貿易商が到着して暗躍(^O^)している。わがミッションは連中と呑んだくれゴルフをすることぐらいだ。おいらは東南アジアマーケティング戦略担当特別顧問である。特別顧問とはそういうことをするためのポジションだと理解している(^O^)
タイ支店は今後の巡礼の基地になる。
バンコクはハブ空港である。ここから世界各地、とりわけ西へは都合が良い。なにも考えず旅をするのが理想でもある。
角質化した考えは削り落とし新たな「行動」を起こさねば、このままここで(老いぼれるのが)関の山だ。それとも悪性化する日常に清く耐え続ける老人になるのか。ヤダヤダ(^O^)
Punk五十嵐流に書けばこうなるのではないか。
「いいかい、初代よ、年齢はただの数字だぜ。決心のしようで旅でも何んでもできるのさ」
そいつは素晴らしい考えだ。実に素晴らしい。Some Kind Wonderfulてことだな(^O^)


|

« intelligence | トップページ | Amazing Thailand »

初代 南雲海人」カテゴリの記事