« 我回到中国了 | トップページ | Hasta Pronto »

2016年9月19日 (月)

祝大家中秋節快楽!

Img_2885_6
タイトルの祝大家中秋節快楽!は中秋のをお祝いします、という意味になる。


中国ではこの中秋節前後に月餅を配り合う。
今年も大学、教員、学生から多くの月餅をいただいた。
量はあるが味はイマイチ。半分も食べれば口の中がパサつき腹が膨れてしまう。
だから、中国人ももらっても大して喜ばない。
学生からいただいた月餅は帰省した時に親御さんから渡されたものだろう。
彼らも食べきれないから、ババ抜きのようにオレのところに回ってくる。
どうやら
「食べきれない月餅は先生に渡してしまおう」
これが一部の学生たちの間でお決まりになっているようだ。

さて、この中秋節は3連休だった。連休は3日でも人民大移動がある。
高速鉄道、バスは全て満席。東南アジア、日本等の航空券は普段の倍近くになる。
もぐり営業の小姐たちも帰省したが、オレは大人しく広東省に残ることにした。
Img_8899
連休中は近所のお爺ちゃん達と麻雀で日中交流。
ルールは日本と少し異なるが、基本は同じだ。
レートも安いから、安心して楽しめるんだ。

ところで、初代はマドリッドにいるそうだ。今週からスペイン語学校に留学するとのこと。
しかし、写真を見てもお分かりのように、留学ではなく遊学だな。
Img_2226_6
遊学だが、遊学をなめちゃいけない。
オレたち南雲一家はかつて海南島に遊学していた。
学校の成績はビリだったが授業は一度も休まなかった。
授業中は小学生のように先生に続いて大きな声で教科書を読む。
授業が終わると、昼からビール。宿題も復習もしたことがなかった。おかげで、先生からは
「Punk五十嵐は怠けもの」
などと言われたが、その代わり、毎晩、中国人小姐達と遊んでいた。大人の学習というわけだ。
おかげでたかだか2カ月弱の遊学で日常生活ではほぼ困らないほど中国語が身に付いた。

オレたちは日本にいると、束縛がないからただの飲んだくれになってしまう。国外にいた方が健康生活になる。
日本は身体検査と観光で十分だ。日本での用事が済んだら、さっさと荷物をまとめて国外生活。
場所はスペイン、中国どこでもいい。
南雲一家は異文化適応能力が高いからどこにだって生きていける。これは南雲一家の強味なんだ。ただし、オレはには弱みがある。それは世界の下半身に目がないってことだ。困ったもんだぜ、まったく。

|

« 我回到中国了 | トップページ | Hasta Pronto »

二代目 南雲海人ことパンク五十嵐」カテゴリの記事