« 天牛書店天神橋店は10周年 | トップページ | オキナワ君リポート »

2010年12月 5日 (日)

三回忌

親父の三回忌である。逝ったのは1年前の1月15日だが仏事では三回忌になる。

配られた仏前小誌を音読するのだが意味が殆どわからない。
ともあれ、坊さんのお経に唱和する。
四文字熟語は穏やかに、五文字ではモクギョウが叩かれリズミカルになる。
そして、坊さんのうなりのような声でしめられた。
続いて焼香。
「ぎょうさん炊きすぎたわ」
義姉がもこもこ燃えあがる煙を手で吹き払う。
落語「お見立て」の墓参りのシーンを思い出し笑らけた。
坊さんの話を紹介する。
「ブッダの意味は目覚めるということなんです。毎朝、目覚めて生きていることを知るわけです。起きてこなかったら永眠ですな」
ふむふむ、わが一族は感心のうなずき。
「12月8日は米国に宣戦布告したことで知られてますが、実はブッタが悟りを開いた日なんです。成道といいます」
ふーん、わが一族の驚きの鼻息。
「クリスマスはキリストの誕生日で有名で商魂たくましい人たちが稼ぎます。その点、仏教は商売がうまくないようです」
なるほど、わが一族は不景気のため息。
(商売しても儲からない。つまり、物事がお釈迦になる)
お後がよろしいようで、と、落語家気分になった。
ランチは仕出し寿司。わいわい笑って90分。楽しい三回忌でありました。

このあとは、同志会T同志によるMacBookAirセットアップ講座&飲み会。

|

« 天牛書店天神橋店は10周年 | トップページ | オキナワ君リポート »

MOTHER」カテゴリの記事