« my 母港・ヨットヘブン | トップページ | 馬のションベン長野県 »

2010年11月25日 (木)

Happy Birthday

Pb240091このパンケーキのロウソクを消したとき、おいらの誕生日パーティーが始まったのだ。

Pb240087_3
弁護士Paulとラブリン。彼女は6歳の息子がいるフィリピーナ。ラブリンはセーリングコースで操船を学んでいた。とってもいい人だが、欠点がある。それは、われわれより酒を飲むことだ。
Pb240095_6
歌手のrELはボートハウスで歌っていた。彼女はプーケットのビリーホリデーと雑誌で紹介されている。彼女と会ったのは今から5年前だった。当時、ポールは彼女を口説き始めていたのである。
Pb250100_3
われわれはこの食事までにたっぷりのビールとワイン3リッターを飲んでいた。が、まだ記憶はあるし、運転もできた。
Pb250105_3
アイリッシュバーでトドメのギネス?杯でI don't know what happened last nightとなったのであります。バーではフィリピンバンドがおいらを祝ってくれました。
Pb250108クワンとも再会したが、いつこの写真(ラブリン)を撮ったのか覚えていない。
Pb250109_2
おいらは帰りの車を泥酔運転しながらジャガーズの「ロンリーオンリーナイト」を歌いまくり。ポールたちは後部座席で爆睡していた。
マリーナには朝の5時に戻ったらしい。
隣のスコットランド人夫婦がそう教えてくれた。
なぜ彼らが、その時に目覚めたのか。それは、おいらの名誉のために教えないそうです。
なにがあったんだろう。あくまでも推測だが、隣のボートに「馬の小便長野県」だったのではあるまいか。
気分のいい酒は一晩ねたら、馬鹿げたことをころりと忘れる気持よさにある。それは、こんな気分の朝かもしれない。ともあれウコンの力(顆粒)と緑効青汁を飲んで思い出さなくてもいいものはいいのであります。

|

« my 母港・ヨットヘブン | トップページ | 馬のションベン長野県 »

ヨット関係」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事