« アップ&ダウン | トップページ | 記事にされた人からの便り »

2009年8月 9日 (日)

Puteri Harbour

このマリーナの係留費は1mにつき4リンギット。

わがJumping Jack Flashは12m。10%割り引いてくれたようで、3泊代金が100リンギットで(電気水道代込み)1泊約1000円ほど。
1ヶ月係留すると50%割引で月割りにすれば660リンギット。3ヶ月だと60%割引になり528リンギット。半年以上になると月割りが462リンギット。(1リンギットは現在28円)
ヨットで寝泊まりすれば月/13000円ほどである。船内で料理をすれば安上がり。買い物はマリーナの車で20分ほどのジャスコまで送迎(無料サービス)してくれる。
Puteri周辺都市計画だが、完成は2015だそうだ。マリーナを取り囲むような高級マンションにets。バブルを彷彿させる工事が進められている。
しかし、Puteriは南雲向ではない。徒歩で街にいけるペナン島がいい。マリーナの海は汚く揺れも激しいのが欠点だが。
ここにはPhuketのような猥雑さも、ペナンのようないかがわしさもない。
船を係留しているヨッティたちはとってもいい人たちだが、Phuketにいるモーガンやアンディーのような「不良」オヤジはいない。
Puteriの海は透明度はないし、泳ぐ気にならない。ならばプールのあるPort Dicksonのほうがいい。Port Dicksonも1年係留契約すれば月/15000円ほどになる。
次の目的地はTioman島。そこには公営のマリーナがあり、安いらしい。(1mx2リンギットで、月契約すれば半額だとか)
とりあえず、その島に行って、どのようなものか実際に見ないことにはわからない。気に入れば居ればいいわけで、そうでなければ移動するだけのこと。
旅行者と違って「旅人」は、そのまま彷徨ってしまうこともある。この先のことはさっぱり分からない。だから、おもしろいのだが。たまにはホッとする場所が欲しいと思ったりする今日この頃であります。

|

« アップ&ダウン | トップページ | 記事にされた人からの便り »

ヨット資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Puteri Harbour:

« アップ&ダウン | トップページ | 記事にされた人からの便り »