« HOPE YOU ALL CAN MAKE IT ! yes we can | トップページ | 同志会通信 »

2009年7月14日 (火)

Reture To Sende

ある日突然返信が来なくなる。

入院したり、離婚したり、他界したり。そのような理由だった。
この歳になるとハッピーメールは少なくなるばかりだ。だからこそ、明るく元気に気持ちよく過ごさなければならない。
ストーンズの映画「Shane a light」でメンバーがクリントン大統領と話すシーンがある。
「この歳になると誕生日は嬉しくないよ」「しかし、長生きするといろんなモノが見られていい」そんなやりとりがあった。そのあとキースが1人でギターを弾くシーンへ繋がる。Scorsese監督の演出が渋い。おいらも、こんな雰囲気が出る「大人」になろうと思うのだが、いまだにがさつでいかん。
ガキの頃、千田という同級生がいた。彼と会うと必ずプレスリーのReture To Sendeを歌ってやった。千田くんとガキの頃を思い出し、このタイトルをつけてみた。

|

« HOPE YOU ALL CAN MAKE IT ! yes we can | トップページ | 同志会通信 »

南雲Today」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61614/45631524

この記事へのトラックバック一覧です: Reture To Sende:

« HOPE YOU ALL CAN MAKE IT ! yes we can | トップページ | 同志会通信 »