« シングルハンダー | トップページ | いろいろ節 »

2007年5月20日 (日)

ラララランで1週間

匿名でメールを送ってくる読者が増えた。

そのほとんどは写真のカテゴリーからアクセスしたものである。
「みっちゃん素敵な女性ですね。南雲さんがいまも好きな気持ちが伝わってきますよ。でも、これってストーカー行為ですよ」
そうかい、そうかい、それがどうした。て、書くとマズいか。
でも、みっちゃんのことを誉められているのは気持ちいいから、許しちゃう。
「ペニス入れ墨は合成でしょう。ぼくも腰に入れ墨入れたんですが、痛くて、ましてアソコでしょう。ありえないです」
処女がバージン喪失をイメージするようなものかなあ。痛いのが好きな人もいるしね。以前、SMクラブを取材したときのSM嬢も墨を入れていたし、どこかのバーで飲んだときも、横に座ったおねーちゃんが太股にバラの入れ墨を彫っていた。
東京からやってきていた同志が「ええもん見せてもらいましたわ」と喜んでいた。
ペニス入れ墨写真が合成か、ホンモノか、南雲は入れ墨に興味がないからどうでもいい。
さて、ヨットライフにむけて持ち物を点検している。テニスラケット2本。冷蔵庫のスライド蓋はエロスが作ってくれている。ほかに何か必要なモノは・・・・クレージキャッだ。
この楽曲をiPodに入れなければ。それと、みっちやんを拉致して旅行バッグに詰めて持ち帰らないと、て書くとストーカーとなる。
でもね、これは南雲の人生最後のロマンなんです。映画「ナビィの恋」のようなエンディングを期待しているのです。
クレージキャッツの歌です。「ああ悲しきわが心」著作権は大丈夫なのかなあ。ご存じの方はメール下さい。

|

« シングルハンダー | トップページ | いろいろ節 »

Music」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シングルハンダー | トップページ | いろいろ節 »